わたしがスピリチュアル界でメンタル回復できなかった3つのポイント

メンタル回復できない

スポンサーリンク




どうもnimoです。

ある日スピ洗脳体験を客観的に省察してみたところ、なぜ自分がスピリチュアル界でメンタル回復できなかったかが分かってきました。

私はこの体験を無駄にはしないと決め、過去を振り返り、次の踏み台にしてステップアップをしていこうと決めました。ではこれから、省察による気付きから3つの要点をまとめていきたいと思います。

いつものことながら、結論を先に!
じゃじゃんっ!

スピリチュアル界でメンタル回復できなかった3つの理由
  1. 空想を用いたセラピーは主観的にプレイしていく為、解決しにくかった
  2. IQが下がっている状態なので、悪循環を起こしていた
  3. アダルトチルドレンだったため、空想や共感にどハマりして、迷走が長引いてしまった

①空想を用いたセラピーは主観的にプレイしていく為、解決しにくかった

画像

これとても重要なポイントなんですけど、まずはスピリチュアル界がどんな場所なのかを知ることですね。それに自分がどう関わっていたのかを理解することが必要でした。

スピリチュアル界というのは、精神面へのアプローチが基本で、心理的な負担が軽減される、空想物語を用いたセラピーゲームとして存在しています。

スターシードもその類いですね。

心が弱っていると考える力も低下してしまうので、現実的な回復方法にトライするエネルギーが出ないのですよね。ですから「スピリチュアル物語」のゲームソフトをカチャッとセットして、直接現実の中でゲームを展開しながら、希望という明かりを灯して前に進んで行きます。

それはごく自然なことだと思います。スピリチュアルじゃなくたってそういったものは一般的にも存在していますから。

自分の人生は自分で組み立てていくのが基本になりますから、さまざまな選択肢を知らなかったり、論理的に考えるのが難しい時には、スピリチュアルのストーリーは補助輪として機能するんですよね。

教義的な内容のゲームですので、精神活動は思考をプラスに導く役割があると共に、そのゲームに魅了された人々が集うコミュニティに関わることで、猿の毛づくろいのような人間同士のグルーミングの役割が果たされているわけです。

本来なら資格を持った心理士などが専門知識を用いて導いてくれる方法の方が的確で良いと思うのですが、、、。自分がどんな状況になっているのかを把握出来なかったり、助けてもらうことに慣れていない人は、その手すら借りることができません。

実際に私がスピリチュアルに興味を持った時は、二回目のどん底の時。「助けて」の一言を言える仲間もなく、どう生きていったら良いのか現実を変えたくてすがる思いで足を踏み入れました。

しかし空想セラピーには根拠が薄いものが多く、客観的に自己を振り返り、整理できる要素がありませんでした。

スピリチュアルのストーリーは作家さんが書いた小説と同じようなものですから、面白いようにストーリー設定や展開が気持ちを引っ張って行ってくれるものが多いですね。状況把握というよりは、主観的に攻めていくものが殆どです。

主観的になって行き詰まったのですから、本来なら客観的に見つめる機会が必要です。

ですから一時的な回復、表面的な回復ならあり得るものの、この現実世界で根本的な問題を解決していくのは少々難を感じるところとなります。またはものすごく時間がかかるのではないでしょうか。

②IQが下がっている状態なので、悪循環を起こしていた

画像

やはり逃避できるだけあって、大きな落とし穴が存在するのがスピリチュアル界。良い側面もあれば、悪い側面もあるのが、この世の理ですよね。

私の通ってきたスピ界は、脅したり怖がらせてお布施などをたかる霊感商法とは一線を引いて、基本的にはワイワイ楽しくサークル活動のようなスタンスで存在していましたので、詐欺とは違い、取り締まりもない世界でした。

基本的には仲間を作らず、人と濃く連むことのなかった私ですが、それでも関わった方々からは励ましてもらったり、優しくしてもらったりと、対人関係は穏やかなものでした。(変な人には引っかかりましたが・・・)

しかしながら商品は高額です。

私が受けたセッションもエネルギーワークも、全て万単位。

  • 1時間2万円のセッション数回
  • 4万5000円のレイキ講座&伝授
  • 1年10万円のオンラインスクール

見えない世界に心酔して大枚はたいてしまう方も多いのではないでしょうか。残念なことにそんな私もその1人でした。(あ〜もったいない汗)

実は提供者もクライアント側も悪循環を起こしているなんて気付かずにいる事が多いのです。ですからその間には『感謝』が行き交い、まさか自分が搾取している・搾取されているなんて気付いてない人々が数多くいます。

その場合、ほとんどの場合が知識が薄い、自分の経験談だけを語る野良カウンセラーですので、話を鵜呑みにしてしまうと、回復するどころかお金と時間をむしり取られてしまいます。

もちろん見えない事を利用している輩も確実にいますよね。あの手この手で依存させ、ぼったくろうとする非常に悪質なテクニックを駆使してきます。

例え周囲がそれに気付いて「辞めた方が無難だ」とアドバイスしたところで、当の本人たちは何がいけないのか理解していませんので、聞く耳が持てません。

人間はストレスを抱えるとIQが下がります。
非常に視野が狭くなります。

心身が疲れると「あれ?次に何をしたら良いんだっけ?」と分からなくなったりする事は、日常で感じる一コマかと思います。体だけでなく、思考も良いパフォーマンスをするためには休息が必要ですよね。

心が辛い状態というのは思考力が低下した分、感じることが優勢になる状態です。自分の過去を振り返っても、自分の心の声がとても大きく確認しやすい状態だったと思います。(それを受け止められるかはさておき)

そもそもスピリチュアル界というのは、心が辛くなり、窮屈でどうしたら良いのか分からなくなった先で出会うような世界です。人生に行き詰まったり躓いたりしなければ辿り着かない世界なのです。

もちろんさっさと卒業する人もいます。そういう人はスピリチュアル界に見切りをつける「何か」を感じとっていくのですね。

新しい世界に触れた時、人は目覚めた感覚になます。それを覚醒と呼ぶ人もいますが、現実的には空想の世界にスイッチが入っただけと言った方が的確かもしれません。

脱スピリチュアルが視野に入ってきたということは、思考力がアップしてきて、自分の置かれている状況を多面的に捉えられて、事実を直視出来る様になってきた証拠なのです。

③アダルトチルドレンだったため、空想や共感にどハマりして、迷走が長引いてしまった

画像

もしかしたらこの記事が気になるあなたは、辛い過去をお持ちではありませんか?

私はしんどい過去を持ったその1人。長いことアダルトチルドレン(以下AC)という状態にありました。主観ですが、スピリチュアル界に惹かれる人の多くがそのような状態かと思われます。

ACの人って空想が得意なんだそうですよ。辛い現状から目を背ける為に、空想の世界に浸ってしまう癖があるのだそうです。

私はこれを初めて知った時、「なるほどね〜!」と深く納得しました。そうそう、そうなんですよね。認知が歪んでいるので、あるがままを受け入れる事が出来ない為、現実に逃げ道がありません。そんな時、目の前の事を忘れられる逃避先があると、没頭してしまうんですよね。確かに現実を忘れられる瞬間が一番幸せでした。

実はこうやってまた現実に戻って覚悟をもってリアルを生き始めても、しばらくはこう思う事がありました。

nimo

スピリチュアルやってた時の方が楽で良かったな、、、。

止めてから3年くらいで、そう思うことは無くなりましたが、様々な空想設定でごった返し、現実と空想の境界が無くなってしまったエリアは、この世の理を忘れさせてくれる、最高の場所でした。逃避すれば比較的簡単に気持ちが楽になったからです。

現実って本当に大変なんですよね(^◇^;)

自分自身の認知の歪みをほぐして、自分にとってプラスになる行動を自分自身で選んでいかなくてはなりませんでした。それはそれは時間のかかるもので、数ヶ月、数年かかるのは当たり前の世界。魔法のように一瞬で変えられるものではありませんでした。

スピリチュアル界は、、、私のように多くの人達が辛い過去を持ち、その自己処理できない気持ちを互いに支え合うコミュニティの場所になっていましたから、その部分で未練が残ってしまったのですね。

スピリチュアルのこういった空想系は、昨今インターネットの普及によって簡単に参加出来るようになりました。SNSなどを使えば、サークル活動のように仲間とのふれあいや分かち合い、情報交換が容易にでき、楽しくメンタル回復を目指すことが出来ます。

そこには辛い気持ちを共有出来る相手がどこかしこに居て、あるあるネタで盛り上がれ、気持ちを共有できる仲間がいて、それだけで癒しに。

どハマりする要素がてんこ盛りなのです。

仮に通院していたとしても、病院の先生は所詮知識だけ。実際に体験している訳ではないので、気持ちを共有する事は難しいのが現状だと思いますので、そういった面でもハマりやすいのかなと感じます。クリニックが面白くてハマる!なんて人、聞いたことがありませんものね。

逃避すること自体は悪いことではありません。ストレスから解放され、上手く充電出来たらもうけものです。しかしながら十分回復しているにも関わらず、そこに留まり続けている理由もありませんよね。

もしスピリチュアル界に限界を感じたのならば、もう卒業しても良いんですよ。そこで頑張らなくても良いんです。いつまでもキラキラ・ワクワクなんてやってたら、現実は前に進みません。もし違和感が出てきたならば、あなたにはスピリチュアル界でのやり方が合わなくなってきたという事なんです。

リアルを改善するには、エビデンスのとれたやり方を冷静に模索していった方が賢明なのです。

さいごに

画像

以上が、わたしがスピリチュアル界でメンタル回復できなかった3つのポイントになります。

スピリチュアル界でメンタル回復できなかった3つの理由
  1. 空想を用いたセラピーは主観的にプレイしていく為、解決しにくかった
  2. IQが下がっている状態なので、悪循環を起こしていた
  3. アダルトチルドレンだったため、空想や共感にどハマりして、迷走が長引いてしまった

スピリチュアル界では、比較的良いエネルギーを感じてるって事だけは確かだと思うんですよね。表面的には常時穏やかなエネルギーが行き交っていますので、居心地がいいんです。

世界観を楽しみながら、なーんとなく神様とか天使や宇宙人の存在を感じながら、楽しんで人生を歩んでいく場所にしている人には、きっと心の拠り所として発揮してくれるのではないかと思います。

しかし私のようにからっきし人生が上手くいかない人生迷走タイプには、この世界で本気で人生を立て直そうとした時には、ちょっと要注意。

スピリチュアル界は、メンタル立て直しするのに、情報が曖昧で、尚且つ古い手法を使っています。古い情報は愛しても良いけれど、信じきってしまったら危ないのです。昔のできる範囲での手段として存在していた訳ですので、現代からみると穴があるんですね。

愛すべきポイントは、それを布教する経緯に至った「気持ち」であり、裏に隠された人々のピュアなエネルギーだと思うんですよね。その時のできる範囲で考えた方法でありますから、昔の情報を現代版に書き換えていく作業は必須で、穴があったら自分で埋めていかなくてはなりません。

そうですね、私はそういう結論に至り、今に繋がっています。

スピリチュアル、やめて良かったですよー!
全く後悔はありません!

脱スピリチュアル後は、家庭菜園やビオトープをはじめました。エコロジストと言える程のものではありませんが環境問題にも目を向けはじめ、ものすごく小さいことですけど自分の出来る範囲で活動できるようになりました。

みなさんはスピリチュアルを止めたら、何をはじめたいですか?

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

このブログはランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です